memo

この項目は必須ではありませんが、大事な内容が書かれているため、

ぜひ最後までごらんください。

EAを効率よく動かすために

EAというものは、平日の間は24時間稼働し続ける必要があります。
※いつ取引・決済がされるかわからないため。

しかし、自宅のPCというのはWindowのアップデートなどによって急に電源が落ちたり、

インターネットの回線が途切れたりするなど不安定な状態なので、そのような状態になると正しく取引がなされずに、思わぬ損失を抱えてしまう場合があります。

 

そこで利用するのが「仮想デスクトップ(VPS)」です。

 

仮想デスクトップというのは、インターネット上で常に動き続けてくれているパソコンだと思ってください。

インターネット上に存在しているため、電源が切れることもなく回線も安定しているので、自宅のPCのようなトラブルが発生することは皆無に近いです。

そのため、FXのEAは通常、仮想デスクトップ上で動作させている方がほとんどです。

これからお渡しするEAも、出来る限り仮想デスクトップでのご利用を推奨いたします。

 

仮想デスクトップのお申し込み

オススメの仮想デスクトップは以下の業者になります。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ABLENET:

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

余裕を持って動かしたい場合の、推奨コースは「Win2 SSDプラン」になります。

※Win1 SSDプランでもEAは動きますが出来ればWin2のご利用をオススメします。

ちなみに僕はwin2で契約しています。

リンク先に行くと、

画面の左側に「お見積り・お申込み」というバナーがあるので、それをクリックしてください。

申込画面に進むので、

 

サービスプラン

仮想デスクトッププランの「Win2 SSD」または「Win1 SSD」

 

お支払方法

ご希望のお支払方法を選択してください

 

ドメインの取り扱い

ドメインの指定はしない

 

利用規約

「同意する」にすべてチェックしてください

次の画面に進み、

 

サーバー契約期間

ご希望の契約期間を選択してください

見積もり画面へ進み、

 

利用規約

同意する

 

WindowsServer初期OS

どちらでも大丈夫ですが「 WindowsServer2012R2」を選択

 

 

あとは、次の申込者情報の画面で個人情報を入力して、その後は申込を確定させてください。

以上で仮想デスクトップのお申し込みは完了です。

 

仮想デスクトップへのログイン方法

※以下は、Windows10のPCから設定する場合の説明です。

ABLENET側で入金が確認できてサーバーの設定が完了したら、「設定完了通知」というメールが届きます。

まず、自宅のパソコンのスタートメニュー(一番左下のWindowsマーク)を開き、「Windowsアクセサリ → リモートデスクトップ接続」を選択します。

次にABLENETから届いたメールの内容に沿って入力を行います。

 

コンピューター

「WindowsServer設定情報」の「コンピュータ」の情報
※例:203.123.456.789など

「接続」をクリックし、次の画面で、
「その他」→「別のアカウントを使用する」を選択します。

 

ユーザー名

「WindowsServer設定情報」の「ユーザー名」の情報
※例:Administrator

 

パスワード

「WindowsServer設定情報」の「初期パスワード」の情報

を入力したら「このアカウントを記憶する」にチェックを入れ、
「OK」を押します。

 

情報が正しければ仮想デスクトップに接続されます。

接続先の画面は普通のパソコン画面が見えると思いますが、これがインターネット上で24時間動き続けてくれている仮想デスクトップの画面になります。

ここにEAをセットして動かしていきます。

 

VPSの契約ができましたら、僕にメッセージください。

AI搭載型EAを使って稼ぎ、最先端のトレード手法体感するイベント開催中!詳細はこちら

Copyright© AIEA体験記 , 2019 All Rights Reserved.